東京土産の予算とお土産の選び方を伝授!相手に喜ばれるお土産を選ぼう!


予算は1000円前後!コスパの良いお土産を見つけよう!

人気の観光地である東京にはたくさんのお土産品があります。お土産ショップを少し覗くだけでも和菓子から洋菓子、お酒など、数え切れないほどのお土産品が見つかります。どれも素敵なお土産ばかりなので色々と買って帰りたくなりますが、予算との兼ね合いがあるのでそうもいきません。東京でお土産を購入する人たちの一般的な予算は、1人の相手につき1000円前後であることが多いようです。少ないように感じますが、お土産を渡す人が何人もいたら数千円の出費です。なるべくコストパフォーマンスの良いお土産を見つけることが、東京土産の賢い買い方だと言えるでしょう。1000円前後とは言え東京にはそれくらいの値段で買える素敵なお土産がたくさんあるので、お土産選びには苦労しません。

あえて定番のお土産を外すことが、相手に喜ばれる秘訣

東京土産を選ぶときにやってしまいがちな失敗が、何も考えずに定番のお土産を買ってしまうこと。定番の東京土産に飽きてしまっている人が多いので、せっかく買って帰っても喜ばれないことがあるのです。例えば浅草へ旅行に行った人だとよく「雷おこし」を買ってきますが、定番過ぎて渡される方の反応はあまり良くありません。決して定番が悪いわけではありませんが、相手に「お、これいいね!」と喜んでもらいたいのなら、新鮮なお土産の方が効果的です。さっきの浅草でいうと定番のお土産は和菓子ですが、浅草ではラスクやマカロンのような洋菓子のお土産も人気があります。浅草なのに意表を突いて洋菓子を買って帰ると、新鮮味があるせいか相手に喜ばれるんですよね。それにこれらの洋菓子は1000円前後の値段で買えることがほとんどなので、コストパフォーマンスが良く、買う方にとっても嬉しいお土産です。

campanella eは株式会社アイルの新ブランドです。同時に、ブルーハーブティーとクッキーがひとつになった商品が限定発売されました。