オシャレに吸えて体にも良い?電子タバコの長所と短所


電子タバコのメリット

電子タバコは筒状の電熱機器によって喫煙が出来る新しい形のタバコです。紙巻きタバコが火を付けて葉を燃焼させるのに比べて、電子タバコは中に入れた薬液を電熱で蒸気にし、それを吸う形を取ります。もともとタバコでも問題になっていたタールと言われる物質は、物が燃える途中で発生する不純物であり、そもそも物を燃やさない電子タバコでは発生しないため、電子タバコではタールによる健康被害の心配がありません。これにより受動喫煙によって同席している他人への健康被害を広める心配が無いのも心強い点と言えるでしょう。

また吸い殻が出ないので携帯灰皿を持ち歩く必要もなく、電子タバコの普及は煙草のポイ捨てをへらす事にも一役買っています。またタバコと違ってリキッドと言われる薬液を喫煙する電子タバコでは、リキッドの調合を行ってより自分好みの味に仕上げることも可能となっています。

電子タバコのデメリット

電子タバコは様々な面でメリットの多い喫煙アイテムですが、いくらかの注意点も必要です。1つ目が使い捨てのアイテムではない事に加えて電子機器であるため、メンテナンスが必要な場合があるということです。いつも綺麗にしている吸口などだけでなく、たまにはある程度分解して汚れを取り除く必要がある物もあり、細かな作業が苦手な人にとっては大変な作業になる場合もあります。加えて電子タバコは電力を使って熱を発生させるため、きちんと充電をする必要があります。充電を忘れてしまうと煙の出が悪かったり、そもそも煙を発生させられない場合などもあるため、受電を忘れた時には吸えなくなってしまう点は注意が必要でしょう。

pod型vapeは、電子タバコの種類の一つを指します。健康面を考えて電子タバコに移行する人が多い中、持ち運びがしやすいということで話題となっている商品です。